キナの病気


I20150217

先週誕生日を迎えたキナコさん~そろそろ歯石の除去を仕様と思い全身麻酔の為の血液検査に連れて行きました。ところが、コレステロールの値がとてつもなく高く再検査~結果「甲状腺機能低下症」と診断されました。甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが0・3ミリしか分泌されていませんでした。今になって思えば昨年夏辺りから大好きな散歩も嫌がり体重増加 首下の乾燥 酷く寒がり震え 老け顔等この病気独特に症状は現れていました。歳だからなのかな?と、思いそのまま気がつかずのワンちゃんが多いらしいですよ~もっと早くに歯石取りに連れて行ってればと反省です。人工の甲状腺ホルモン(レボチロキシンNa)を投薬していれば又元気なキナコさんに戻ります(笑)人間も全く同じ症状が出るそうです。色々と症状が出ても特に急激な変化が出なければ「歳のせいかな?」で見過ごしてしまいがちな病ですね。私は定期的に献血をしているのですが、献血をするお礼に血液の検査が無料で出来るので利用しています。無料の健康管理してますよ(笑)皆さんも健康で有っても たまには自分の健康状態のチェックもいかがでしょうか~